スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
andyのおはなし。
- 2007/05/18(Fri) -
20070518112725.jpg
 2007年 2月 Photo

Andy は 1990年1月5日生まれの男の子。

最初出会ったときは、
手のひらにのってしまうくらいちっちゃくて、
ミーミーないていました。

それから少し大きくなって、リビングにおいていた
サークル(わんちゃんの柵付きのおうち)に
夜寝かせると、
andyの身長よりもかなり高い柵なのに
それをとびこえて
朝にはサークルのそとに出て
みんなが起きてくるのを
待っているのでした。

みんなの隙をみて、おうちから脱走したりしても
すぐに自分で戻ってきたり・・・。
人の気も知らないで・・・。

階段は上り下り自由にして、
ときには3段上くらいから
飛び降りたりするくらい
スーパーわんわんでした。


犬なのに、さむいのきらいで
雪の日におさんぽいくと

足をかたっぽずつあげて
つめたいよぉ・・とぷるぷるしながら
ゆーっくりあるいていました。

大きくなってからは、
何事にも動じないようないでたちで
いつでも凛としていました。
とくに注射のときなんて

一度も泣いたりしたことないんですよ。

ケンカしたこともありますし。


いすに座っているときやピアノを弾く私のペダルを踏む足の甲を
枕にして寝ていたことも。


でもいつでも私たち家族の様子をみていて、
かなしいときには
そっとそばにきて心配そうに顔や手をなめてくれ
うれしいときにも
いっしょに喜んでまた顔や手をなめてくれてたり・・・。
とっても優しさがあり、気品に満ちていました。


他にも書ききれないほど
いっぱい思い出があります。


昨年の夏に大きな発作を起こして、
急に小さくなってしまったけど、
先週まではほんとに元気で、
ごはんももりもり食べて
よちよちとあるいていました。

最後の最後まで私たちに心配かけないかのように
”自分は大丈夫。”というように
がんばってくれました。



20070518113526.jpg


私たち家族にとって
今も そしてこれから先もずっと
かけがえのない存在です。



andy
おしえてくれたこと
のこしてくれたものを
心に大切にしまって
生きたいと思います。



20070518131030.jpg


ご覧くださった皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事のURL | Andy my love | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ありがとう。
- 2007/05/18(Fri) -
20070517221253.jpg
 2002年photo
my-love5.jpg
2006年photo



5月15日の夜、私の腕の中で小さな命の灯が消えていきました。
我が家の大切な一員のandyが、
17年5ヶ月の生涯を終えました。

私の人生の3分の2以上を共に過ごしました。

20070518020840.jpg

20070518020900.jpg

andyのなくなった翌朝、
前日と同じとてもいい天気でした。

andyの命の輝きのような
まぶしい朝の光の中で
その光を浴びているお花たちを

その朝を忘れぬよう
写真に。

私たち家族と共に苦しいときも
悲しいときも
うれしいときも
楽しいときも
いつでもともに歩んできて、
家族みんなの支えでした。

そして最後まで、凛として。

命の重さをあらためて知りました。

今は悲しくて寂しくて
どうしようもなく耐えられなくなりそうな時もあるけれど
あまり悲しんでは、andyに心配をかけてしまうから

えがおでいることにします。

長生きしてくれて
ありがとう
思い出をたくさん
ありがとう

たくさんのありがとうをこめて。

これからもずっといっしょだよ。だいすきなあんでぃ


この記事のURL | Andy my love | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。